菜根譚の本 6冊、漫画 1冊の紹介

菜根譚の概要 : 2014.11.18 Tuesday
書籍 説明
「菜根譚」タチバナ教養文庫 吉田 公平 著

菜根譚の全文(前集222条、後集134条)が現代語訳・読み下し文・原文の順に書かれています。
出版されている書籍の中では、菜根譚の全文が載っているので、網羅度としては、この本がBESTです。
厚めの文庫本です。菜根譚にはどのようなことが書かれているか、全体をしりたい方にはお薦めです。

<目次>
菜根譚題詞
菜根譚前集
菜根譚後集

「中国古典の知恵に学ぶ 菜根譚」ディスカバー21 祐木 亜子 訳

前集と後集を取り混ぜて 220条の大まかな意味と現代語訳が書かれています。
巻末には読み下し文と原文があります。
大型本で紙も厚いのですが、1ページに1条が書かれているので読みやすいです。

<目次>
1 生き方について
2 心の持ち方について
3 自分を律することについて
4 人とのかかわりについて
5 ものの見方について
6 日々の行動について
7 人間について
8 幸福について

「菜根譚」角川ソフィア文庫 湯浅 邦弘 著

NHKの100分de名著で菜根譚を解説した湯浅教授の書かれた本です。
前集95条、後集44条の読み下し文、原文、丁寧な解説が書かれています。
文庫本なので通勤・通学のお供にお薦めです。

<目次>
前集
(遇と不遇、世間を渡る心得、君子の心と才知、潔白と高尚、人生を磨く砥石 ほか)

後集
(得意になって語らない、囲碁にも戦争の心が、真実の世界、歳月を短いと感じてしまう人、夢から覚める ほか)

「マンガ 菜根譚・世説新語の思想」 講談社+α文庫 蔡 志忠 著

菜根譚のうち 前集70条 後集56条がマンガと文章で説明されています。
マンガといっても、中国風の挿絵という感じです。
本の後半は、菜根譚ではなく、「世説新語」についてです。
世説新語は、魏から東晋時代の名士の言行録です。

「1分間でわかる菜根譚」 知的生き方文庫 渡辺 精一 著

菜根譚のうち 99条の読み下し文、解説の本。

菜根譚だけでなく、老子、荘子、韓非子、論語など他の中国古典の話が満載。
中国古典を広く学びたい人には、向いているかと思います。
菜根譚のことが知りたい人には、不向きかもしれません。

<目次>
第1章 ものの見かた、考えかたで人生は変わる!
(人間はカタツムリの角の上で争っているようなもの;「負けない」という生きかた ほか)
第2章 心の持ちかたで毎日が楽になる!
(強者に媚びる生きかたはしない;智恵は身を守るためにこそ使う ほか)
第3章 人とのかかわりかたで世渡りはうまくいく!
(「お先にどうぞ」が結局早い;人間関係は「忍」と「不忍」 ほか)
第4章 自分を知れば元気が出る!
(考えはわかりやすく伝え、才気は隠す;一人の静かな時間を持つ ほか)
第5章 日々の過ごしかたであなたの「世界」が変わる!
(リーダーはおおらかであれ!;ありきたりの毎日をきちんと生きる ほか)

「超訳 菜根譚」 三笠書房 境野 勝悟 著

菜根譚のうち 97条を著者の言葉で「超訳」した本。

<目次>
1章 「なんの変哲もない」ことに喜びを見出す―15の言葉
2章 欲やお金から「一歩」距離をおく―10の言葉
3章 「自分」を上手にコントロールする―15の言葉
4章 生き方をシンプルに変える―15の言葉
5章 心を「ポジティブな感情」で満たす―14の言葉
6章 いまの「働き方」を見直す―13の言葉
7章 「人間的魅力」を磨いていく―15の言葉

「みんなのたあ坊の菜根譚」 サンリオ 辻 信太郎 著

菜根譚を参考に、独自編集した本。
平易な日本語(例:こころから話しあえる ともだちっていいな)で、菜根譚のエッセンス+αを表現。
菜根譚のどこに記載されている内容であるかは言及なし。

<目次>
心から話しあえるともだちっていいなあ
何かをしてもらったらありがとうといおう
人のきもちの痛みをわかってあげる
自分から道をゆずろう
お父さんお母さんを大切にしよう
きょうだいは助け合ってなかよくしよう
笑って笑って
種をまけばいつか実になる
きもちはことばにしなきゃ伝わらない
お金や地位より大切なことがある〔ほか〕




菜根譚の全文紹介(漢文、ひらがな読みの文章、現代の訳)
菜根譚 前集 001-050条 |  菜根譚 前集 051-100条 |  菜根譚 前集 101-150条 |  菜根譚 前集 151-200条 |  菜根譚 前集 201-225条
菜根譚 後集 001-050条 |  菜根譚 後集 051-100条 |  菜根譚 後集 101-134条