菜根譚(さいこんたん)の概要

菜根譚(さいこんたん)とは?

菜根譚(さいこんたん)は、洪 応明(こう おうめい、字は自誠)が明の時代に書いた随筆集(または思想書、処世哲学書、雑学書)です。
菜根譚とは、「菜根は、堅くて筋が多い。これを噛みしめることで真の味わいがわかる」が語源とされています。
菜根譚は、短文で 359条(前集225条、後集134条)からなります。
菜根譚の前集では「人と人との交わり」を、後集では「自然と閑居の楽しみ」を説いています。
菜根譚は、「処世修養篇」とも言われています。
菜根譚は、明(および、その後の中国)では重んじられませんでした。日本には江戸時代に伝来し、数々の書籍が出版され、僧侶により仏典に準ずる扱いを受け、実業家や政治家に愛読されてきました。

菜根譚(さいこんたん)が求められる理由

菜根譚は、明時代の末期に書かれた本です。
当時は、儒教(日本で言う「道徳」)が廃れて、荒廃した時代でした。
そのような混迷の時代に書かれた処世術の書は、現代の日本にも通じるものがあり、混迷する時代の生きる指針の書として、愛読者が増えています。
菜根は、「人はよく菜根を咬みえば、すなわち百事をなすべし」という故事に由来します。
堅い菜根をかみしめ、苦境に耐えて努力すれば、大成できるというポジティブな考えが、共感を受けているのかもしれません。
菜根譚には、逆境をのりきる知恵、真の幸福とは何か、人との付き合い方、自分の器を磨く方法などが書かれています。

逆境をのりきる知恵
菜根譚には、「逆境は良薬」「逆境は人間を鍛える溶鉱炉」など、逆境をプラス要因(前向き)として捉えています。
逆境をバネにして次のステージを目指す生き方が、いくつかの文に書かれています。
また、逆境で力を蓄え、物事を冷静に見て、逆境を過ごす方法についても書かれています。

真の幸福とは何か
菜根譚は、明時代の末期に書かれた本です。
当時は、儒教(日本で言う「道徳」)が廃れて、荒廃した時代でした。
儒教が形骸化すると、「何が幸福か?」「真の幸福とは何か?」の基準がアヤフヤになります。

菜根譚では、この形骸化した儒教に、道教・仏教の良い部分を加えて、「富や名声によらない幸福」「欲望を制御する大切さ」「普遍的な価値に身をゆだねること」などが書かれています。
つまり、形骸化した宗教を再構成し、新しい幸福を定義することで、幸福を見失った人たちを救うための本となっています。

人との付き合い方
乱れた世において人を観察し、人とどのように付き合うべきかといった交際術についても、菜根譚には書かれています。
「家族・友人との接し方」「社会人としての振舞い方」「人材育成の方法」など、他者との交際術について、具体的な解決策がかかれています。
人付き合いにお悩みの方は、もしかしたら解決のヒントが得られるかもしれません。

自分の器を磨く方法
器(人格)の形成には長い年月がかかり、日々の積み重ねが重要です。
終身雇用が崩壊し、個々人の成長が個々人に委ねられている現代において、「どのように生きれば人間的に成長できるか」は共通の課題です。
菜根譚では「自分の心を見つめること」「ゆとりをもつこと」「中庸」「高い志」などなど、「人間的な成長」に必要なものが書かれています。
ゴールを見失いそうになっている方、成長したいけど方法が解らない方は、解決のヒント・きっかけとなる言葉が見つかるかもしれません。

本Webサイトでは、菜根譚の全文を紹介

菜根譚に興味はあるけど、漢文が読めない、そもそも日本語の漢字自体も読めないものがあるといった人向けに、 「漢文」「ひらがな読みの文章」「現代の訳」を、文ごとにまとめてみました。
暗闇の中の「迷える子羊」が、ひと筋の光を見つけて、希望に向かって歩けるようになるキッカケとなることを期待しています。


菜根譚の全文紹介(漢文、ひらがな読みの文章、現代の訳)
菜根譚 前集 001-050条 |  菜根譚 前集 051-100条 |  菜根譚 前集 101-150条 |  菜根譚 前集 151-200条 |  菜根譚 前集 201-225条
菜根譚 後集 001-050条 |  菜根譚 後集 051-100条 |  菜根譚 後集 101-134条